アロマハンドほぐし®の効果

アロマハンドほぐし

 筋骨格系・呼吸系・免疫系・脳神経系・循環器系のつながりを意識し 

自らの自然治癒力を働かせるために必要な触れ方をします。


身体の機能・構造はどうなっているのか?

 不調の根本原因はなんなの?

 内なる声に耳を傾けられるようになっていきましょう。 

さらに人が触れると、セルフだけでは得ることができない 

温もりから継続的な健康体への追求や生の充実にもつながっていきます。


アロマハンドほぐしから得られる効果

●身体面 

・リラクセーション&リフレッシュ 

・血液、リンパの循環

 ・身体的可動域の改善 ・呼吸の改善(身体調整法の取り入れ) 

・睡眠の質を向上 

・身体の不調を和らげる


血液(静脈)やリンパの流れが良くなると、筋肉や関節部へ栄養や酸素が供給され、老廃物や余 計な水分が回収して、関節の動きを良くすることになり、肩こりの軽減、むくみの軽減につなが ります。


●筋肉・関節へのアプローチ 

アロマハンドほぐしを行い手が緩むことで、筋肉にも酸素や栄養素がいきわたることにつながり、疲労回復を促します。

また、筋肉が緩むことで関節の動きもよくなります。


●皮膚への働きかけ 

皮膚にふれることで肌細胞の活性化につながります。


●身体の深部温度を上げる 

アロマハンドほぐしによって皮膚表面の表皮細胞が一酸化窒素を出し、毛細血管を拡張させるため血流が良くなり、代謝が促進され、体温が上がりやすくなります。


●心理面 

手は「第2の脳」と言われ感情を一番表す場所。

*手から傾聴していくことをアロマハンドほぐしはおこなっています。 

精神的に不安で強い緊張がある方、病気などによって手を使わなくなり、手からの刺激がなくなっ ている方なども多くみられます。

 緊張のある方には、指をゆっくりとのばして柔らかく

普段手を使わない方は、優しくふれて動か してもらうことで「動く」感覚を取り戻し、脳を活性化させていくことで、感情にも働きかけて いくようになります。


●コミュニケーション力

・不安感・孤独感の軽減

・安心・安堵感の増加

・自信へのプロセス

・鬱からの解放

誰かと触れ合うことで自然と心が解放され気持ちも前向きに傾いていくことで人との関わりを持ってみようと思う気持ちも生まれてきます。


●その他

・タッチケアを重視しているので新生児・乳幼児へも発達を促す一つの方法として行えます。 

・ホリスティックな観点から利用者さんのニーズに寄り添いふれることを丁寧に行っていきます。 

・医療系国家資格者以外の方は臨床として行うことはできません。 

・障害のある人・要介護者に行う場合は、医者・療法士・介護士などと、しっかり情報交換し、 相互性のある内容としていきます。



様々な現場の声を聞きながら

ニーズに合わせたアロマハンドほぐしを行っています。

アロマハンドほぐし®

温もりには、人を癒す力がある アロマハンドコミュニケーターは、
心、身体を丁寧に緩め、脳を休ませます。私たちが大切にしているのは「記憶に残る」ふれあい。温もりある手の感覚に懐かしさを覚えたり、安心感を感じたり、自分を労わる気持ちが生まれたり...。天然の精油を使って創る香りは脳をリセットし次の行動につなぎます。

0コメント

  • 1000 / 1000