7月人気のブレンド

扉を開けたとたんに入ってくる熱気

重くのしかかるような空気

黙っていても噴き出してくる汗


コンクリートジャングルの都会は

そんな外と

クーラーで冷やされた室内との温度差に


身体がついていけない状態の人が多いです。


7月に入ってのアロマハンドほぐし


蓋を開け、芳香が広がると

『あ〜〜〜〜いい香り』

『すごくリラックスします』

『なんだかこれだけで疲れが吹き飛んでいきます』


様々なコメントがある中共通して出てくるキーワードは

『落ちつく』


働く女性に人気の香りは

ゼラニウム・オレンジ・ペパーミントのブレンド。


ローズゼラニウム Pelargonium graveolens

観賞用のゼラニウムは厳密にいうと精油に使われるゼラニウムとは違う属科に属し

精油に使われるのはフウロソウ科に属しています。

シトロネロール、ゲラニオール、リナロールなどのアルコール類が多く含まれていることから神経系のバランスをとり、女性的な感覚と深く関わります。

理性や論理が感情を押し殺してしまいがちな人の感情を受け入れ、直感や創造性を促します。感受性を高めることは感情を素直に受け入れることになり、リラックスしていいんだよと気持ちを穏やかにすることにつながります。


スィートオレンジ Citrus sinensis


リモネンの作用でリラックス作用が高くまた胃腸に働きかけたり、ほてりを鎮めます。

滞りがちなエネルギーを流し考え方に柔軟性を与え、楽観性と楽しむ感情を与えるよう働きかけていくため、もっと力をに力を抜いて毎日を楽しむことを思い出させます。

ペパーミント Mentha piperita


体を温めた後、冷やし、爽快感をもたらす作用があります。

l-メントールの作用で身体の中にある冷えを感じる受容体が刺激され脳が錯覚することで冷えを感じます。実際に身体が冷えるわけではないので血流が滞る心配はありません。

爽快感をもたらし柔軟な考え方や、状況に応じた振る舞い、コミュニケーション力を与えてくれます。


アロマハンドほぐし®

温もりには、人を癒す力がある アロマハンドコミュニケーターは、
心、身体を丁寧に緩め、脳を休ませます。私たちが大切にしているのは「記憶に残る」ふれあい。温もりある手の感覚に懐かしさを覚えたり、安心感を感じたり、自分を労わる気持ちが生まれたり...。天然の精油を使って創る香りは脳をリセットし次の行動につなぎます。

0コメント

  • 1000 / 1000