香りのない世界

副鼻腔炎を患って

香りを失った数日。

匂いを感じないとはこんなに苦しいことなのかと思った。鼻風邪を引いた時のような匂いの強弱が薄れるのとは違って

突然、香りを感じなくなる。


匂いがわからないことは

残念なことに周りからは全く気づいてはもらえない。

何を食べてもおいしくなく

気分が落ち込んでいても


体調はどう?


そう聞かれても

匂いは感じてる?と聞かれることはない。


アロマセラピーの仕事を初めて

嗅覚を感じないという感覚を初めて知った時


作り上げる香りは

イメージと記憶が頼り。

でもその香りを確認することができない

果たしてその香りはどうなのだろう

襲ってくるのは恐怖だった・・・。


このまま嗅覚が戻らなかったら・・・よからぬことを考え妄想が広がるだけで気分は落ちるていく。

休養と点滴のおかげか

ある朝突然香りを感じる世界が戻った。


いい匂いも

臭い匂いも・・・

匂いがあることで

いろんなことが元気に周り出す感覚だった。



嗅覚障害は人からはわかりづらい

匂いのわからない辛さをわかってあげることはできなくても

香りを感じない世界に香りを伝える術はある。


当たり前にあることが当たり前でないこと

また一つ香りを伝える深さを知った

神様がくれた匂いのない数日。。。

アロマハンドほぐし®

温もりには、人を癒す力がある ーーーーーーーーーーーーーー 私たちが大切にしているのは『記憶に残る笑顔のふれあい』 温もりから緩められていく感覚。天然の精油が放つ芳香で脳が休息する時間。 明日の笑顔と元気の糧となっています。

0コメント

  • 1000 / 1000